ドラッグストア求人ランキング
TOPページへ > 登録販売者

登録販売者の薬剤師求人募集を探す!

登録販売者は、近年作られた新しい資格です。一定の販売に携わった経験と、試験に合格すると得ることができます。この登録販売者は、薬剤師が不足している現状を解決するために創設されたもので、決められた範囲であれば薬剤師の仕事を代行することができます。しかし、薬剤師の仕事を全て代行できるというわけではないので注意が必要です。

例えば、OTC医薬品は、その効能効果などで第一種、第二種、第三種と分類されています。上位になるほど効果はありますが、副作用の可能性も出てきますので、正しい使用が求められるわけです。登録販売者は、この分類のうち、第二種・第三種を販売することができますが、第一種を販売することができません。それでも、OTC医薬品のほとんどは第二種・第三種ですから、登録販売者がいれば多くのOTC医薬品を販売することができます。

もちろん、薬剤師はOTC医薬品はもちろん、調剤まで行うことができますから、薬剤師資格を持っていれば、登録販売者以上の業務を行うことができるのです。要するに、薬剤師資格を持っていれば、登録販売者の資格を取得する必要はないということになります。薬剤師の資格を得るためには、薬学系の大学に通い、国家試験に合格しなくてはなりません。しかし、今まさにドラッグストアで働いている人が大学に通うことはできませんから、薬剤師の資格とはいかないまでも、ある範囲で薬剤師の仕事を代行できる登録販売者の資格が作られたというわけです。

基本的に、登録販売者の資格だけの場合、薬剤師と同じ待遇を得ることはできないと考えるべきです。また、できることならばドラッグストア側も薬剤師の資格保持者を必要としている筈です。ですから、既に薬剤師の資格を持っているのであれば、登録販売者については深く考える必要はないと言えます。また、登録販売者の資格を所持している人を募集しているドラッグストアでは、間違いなく薬剤師の資格を持っている人も募集していますから、募集要項になくても確認してみることをお勧めします。

こうした条件や待遇などをひとりで探すのは大変ですが、豊富な求人情報を持っている転職エージェントなどを使えば、その手間を省くことができます。今や無料で使える転職エージェントは無数にありますから、自分にあったものを探してみることをお勧めします。薬剤師の資格を十分に生かすことのできる転職をしたいのであれば、しっかりとした情報収集は必須であると言えるでしょう。

ドラッグストア求人サイト人気ランキング

ランキング1位 リクナビ薬剤師
対応エリア 全国
申し込み・詳細 リクナビ薬剤師の詳細
リクナビ薬剤師登録はこちら
ランキング2位 マイナビ薬剤師
対応エリア 全国
申し込み・詳細 マイナビ看護師の詳細
マイナビ薬剤師登録はこちら
薬キャリ
対応エリア 全国
申し込み・詳細
薬キャリ登録はこちら

▲ページトップに戻る