ドラッグストア求人ランキング
TOPページへ > 正社員

正社員の薬剤師求人募集を探す!

薬剤師としてドラッグストアの正社員として働く上では、どんなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

まず、メリットは待遇が良いということです。薬剤師というのは国家資格ですから、その知識や技能、経験を生かした仕事をすることになるでしょう。資格をもっていない人と比べてできることが多いわけです。そういった意味で、会社は薬剤師に手当や年収の面で厚遇するわけです。また、キャリアの面でも様々な選択肢があります。資格を持っていない人がドラッグストアで働く場合、基本的には販売やアドバイザーなどですが、薬剤師の資格を持っていれば、ドラッグストアで行っている事業のすべてに関わることができます。最近では登録販売者という資格も登場していますが、国家資格である薬剤師には、業務の面でまだまだ制限があります。

そして正社員として働くことの大きなメリットは、安定して仕事があるということではないでしょうか。ドラッグストアはいつでも人手不足で、言うなれば年中求人を行っています。離職率が高いというわけではなく、ドラッグストアの出店を行う上で薬剤師は絶対的に必要な存在なのです。

逆にデメリットと言えば、業務の負担が大きいということが挙げられます。薬剤師はできることが多い反面、色々な責任や多くの仕事を任される可能性があります。そのため、肉体的・精神的負担は大きなものになる可能性が高いと言えます。さらに、正社員になると固定給になりますから、残業手当はつくものの、仕事の分量に対する報酬は低くなる可能性もないわけではありません。以前はこうした業務時間が問題になりましたが、大手では改善しつつあるそうですから、あまり心配することではないかもしれません。そして、もうひとつ。ドラッグストアの正社員としてのデメリットは勤務地です。全国展開を行うドラッグストアの場合、全国に店舗があります。そして、これから店舗のない地域に出展するかもしれません。正社員の場合、勤務地を選べない可能性もあり、全国どこにでも転勤しなくてはならないということが考えられるでしょう。

このように色々なメリット・デメリットがありますが、求人情報だけでは読み取れない部分は沢山あります。ですから、企業のウェブサイトや無料で利用できる転職エージェントなどを利用して、情報収集し、自分のライフプランなどに合わせたドラッグストアを選ぶことが大切です。特に、転職エージェントは、一般の人には調べられない所まで調査することができますので、求人募集・求人情報を収集する上では大きな味方になってくれる筈です。

ドラッグストア求人サイト人気ランキング

ランキング1位 リクナビ薬剤師
対応エリア 全国
申し込み・詳細 リクナビ薬剤師の詳細
リクナビ薬剤師登録はこちら
ランキング2位 マイナビ薬剤師
対応エリア 全国
申し込み・詳細 マイナビ看護師の詳細
マイナビ薬剤師登録はこちら
薬キャリ
対応エリア 全国
申し込み・詳細
薬キャリ登録はこちら

▲ページトップに戻る