ドラッグストア求人ランキング
TOPページへ > 履歴書の書き方

履歴書の書き方

薬剤師の資格を生かし、ドラッグストアに転職たいと考えるのであれば、履歴書などの書類を提出しなくてはなりません。新卒であれ転職であれ、第一選考は履歴書などの書類で行われますから、しっかりと選考を通過する履歴書を作成することが大切です。では、選考を通過する履歴書というのはどういったものなのでしょうか?

それは、経歴等に嘘を書かないことはもちろんですが、採用するドラッグストア側にとって魅力的な人物、面接をしてもいいと思わせるような人物像を描いた履歴書が理想です。最近では、転職者の場合、履歴書に加えて職務経歴書をあわせて提出することが求められるようになりました。履歴書はその人の基本的なデータで書式がほとんど決まっていますが、職務経歴書は決まった書式はなく、自分が今まで行ってきた仕事の内容や実績を書くものとされています。

以前は、まず履歴書だけで判断し、多くを面接で振り分けていたわけですが、応募者が多かったり、面接の時間を省略したりという考えのもと、こうした職務経歴書が一般的に使われるようになったと言います。ですから、薬剤師の資格を持っているのであれば、単に資格を持っていると書くのではなく、薬剤師の資格をどんな仕事に役立てたか、どんな経験・実績を残してきたかを提出することが求められるようになったのです。

この職務経歴書と履歴書を合わせて書類選考が行われるわけですから、しっかりと書かなくてはいけません。職務経歴書を書くポイントのひとつは、転職しようとしているドラッグストアがどんな経験・知識・技術を求めているかをリサーチすることが大切です。その上で、自分の経験とマッチングするものがあれば、それを強調して書くようにしましょう。採用する側は、そういった基準で選考を行うわけですから、採用側にとって価値のない経験や実績を並べても、意味がないというわけです。

そういった意味でも、企業研究は非常に重要なポイントになってきます。これから、そのドラッグストアがどんな事業を行っていくのか、どんな人物像を必要としているのかということは、大手のドラッグストアであればウェブサイトで公開しています。また、企業によっては採用専門のウェブページなどを作り、積極的に採用を呼びかけているところもあります。薬剤師としての経験を生かしてドラッグストアで活躍したいと考えるのであれば、転職先企業のリサーチは不可欠な時代になってきたというわけです。

ドラッグストア求人サイト人気ランキング

ランキング1位 リクナビ薬剤師
対応エリア 全国
申し込み・詳細 リクナビ薬剤師の詳細
リクナビ薬剤師登録はこちら
ランキング2位 マイナビ薬剤師
対応エリア 全国
申し込み・詳細 マイナビ看護師の詳細
マイナビ薬剤師登録はこちら
薬キャリ
対応エリア 全国
申し込み・詳細
薬キャリ登録はこちら

▲ページトップに戻る