ドラッグストア求人ランキング
TOPページへ > パート

ドラッグストア薬剤師のパート

薬剤師は恵まれ環境にあります。国家資格さえあれば就業することは簡単だからです。調剤薬局・ドラッグストア・病院・製薬会社、そして一般企業まで専門職としてのニーズは多岐にわたります。若い薬剤師であろうが、ベテラン薬剤師であろうと需要は山ほどあります。

昨今、若者の雇用問題が深刻になっています。定職に就かない若者がアルバイトなどを行う、いわゆるフリーター問題が社会問題化して久しいです。学生アルバイトが行うような単純作業に従事し、職業スキルを身につけず高齢化するフリーターが増え続けています。フリーターは公式には400万人以上いるとされ、日雇いなどカウントされてない若者を含めると、とんでもない数の自立困難な20〜30代の若者がいると推測されます。職業訓練なども受けていないため、フリーターから抜け出せないなど実態が見えてきます。

一方、薬剤師にもアルバイトで働く人はいますが、いわゆるフリーターとは中身が全く違います。薬剤師のパート・アルバイトは専門職で働いており、諸般の事情により非正規雇用を選択しています。薬剤師は大学で勉強し、国家試験に合格するための努力をしてきています。努力の成果として職には困らない状況です。因果応報と言いますか、専門的な勉強をしてきたからこそ、社会的に高い地位の職業として働くことができます。

ほとんどの薬剤師は正社員・職員として社会人のスタートをしますが、女性薬剤師は結婚・出産で退職するケースが目立ちます。男性薬剤師も精神疾患などの病気でリタイヤする人もすくなくありません。このような薬剤師が復職する手段で選ぶのがパート・アルバイトです。フルタイムでは無理でも、短時間なら働くことができるのでしょう。

単純作業を行うフリーターと違い、薬剤師のパート・アルバイトは専門的な仕事をしているため、時給がとても高いです。時給2000円台はざらで、4000円を超える時給も登場しています。薬剤師のパート・アルバイトといっても就業場所により違いがあります。調剤薬局でもパート募集はしていますが、お勧めなのがドラッグストア薬剤師のパート・アルバイトです。

ドラッグストアは全国各地のありますので、どの地域の住む薬剤師も勤めることができます。ドラッグストアの最大の特徴は時給が良いことです。ドラッグストアは供給過剰に加え、薬剤師の人手不足が拍車をかけ、高い時給が設定されています。ドラッグストアは他の業態に比べ転職・復職しやすいのも、薬剤師に人気なっている要因のようです。可能性が広がるドラッグストアでぜひ働いてみませんか。

ドラッグストア求人サイト人気ランキング

ランキング1位 リクナビ薬剤師
対応エリア 全国
申し込み・詳細 リクナビ薬剤師の詳細
リクナビ薬剤師登録はこちら
ランキング2位 マイナビ薬剤師
対応エリア 全国
申し込み・詳細 マイナビ看護師の詳細
マイナビ薬剤師登録はこちら
薬キャリ
対応エリア 全国
申し込み・詳細
薬キャリ登録はこちら

▲ページトップに戻る