ドラッグストア求人ランキング
TOPページへ > マツモトキヨシ

マツモトキヨシの薬剤師求人募集を探す!

マツモトキヨシと言えば、自他ともに認めるドラッグストアのトップランナーですが、その求人は色々と複雑な形態になっています。

まず、薬剤師の資格を持っているかどうかで大きく2つに分かれます。薬剤師の資格を持っている場合は薬剤師職「プロフェッショナルクルー」、資格を持っていない場合は、総合職「ゼネラルクルー」として働くことになるのです。また、マツモトキヨシではいくつかの店舗形態があり、入社すると適正や希望などから、配属が決まります。例えば、大都市などの繁華街にある都市型店舗、郊外の大きな土地にある郊外型店舗、調剤薬局をメインにしている調剤型店舗、医療ビルにある調剤専門型店舗、駅などにある小スペースのMedi+マツキヨ、美容と健康を促進し、ビューティスペシャリスト・管理栄養士を備えたH&B Placeなど、その展開は様々で、薬剤師資格と希望を充分に生かすことのできる店舗形態を取り揃えていると言えるでしょう。

ちなみに、近年のマツモトキヨシのビジョンは3つの柱で構成されています。ひとつめは「セルフメディケーションのサポート促進」、2つめは「プライベートブランドの開発販売の強化」、そして3つめは「町のかかりつけドラッグストア、全国2000店舗体制」です。今でさえ全国のドラッグストアの最先端を走り続けるマツモトキヨシですが、まだまだ成長の伸びしろは残っていると考えています。さらに大きく成長するためのビジョンだと言えますので、このビジョンに賛同できるのであればマツモトキヨシへの転職を考えてみても良いかもしれません。

注意が必要なのは、マツモトキヨシのメインはドラッグストアだということです。調剤の店舗も徐々に増やしつつありますが、あくまでも現在の売り上げの多くはOTC・化粧品、健康食品、雑貨などのドラッグストア業がほとんどなのです。ですから、もし、あなたが薬剤師の資格を生かして調剤薬局での勤務を希望するのであれば、マツモトキヨシではなく他の調剤薬局チェーンを目指す方が良いかもしれません。

しかし、開拓精神を持ってマツモトキヨシで調剤を発展させて行きたいと!考えるのであれば、挑戦するという選択もあります。ただし、非常に狭き門だということを心がけておくべきでしょう。また、大手だからといって必ずしも年収がアップするとは限らないことに注意が必要です。そこでお勧めは無料の転職エージェント。年収の交渉もしっかりとしてくれますので、お勧めの転職方法です。

ドラッグストア求人サイト人気ランキング

ランキング1位 リクナビ薬剤師
対応エリア 全国
申し込み・詳細 リクナビ薬剤師の詳細
リクナビ薬剤師登録はこちら
ランキング2位 マイナビ薬剤師
対応エリア 全国
申し込み・詳細 マイナビ看護師の詳細
マイナビ薬剤師登録はこちら
薬キャリ
対応エリア 全国
申し込み・詳細
薬キャリ登録はこちら

▲ページトップに戻る