ドラッグストア求人ランキング
TOPページへ > 将来性

ドラッグストア薬剤師の将来性

最近全国的に数が増えているドラッグストアは、今後も成長の可能性が見込まれている業界です。現在のドラッグストアは大きく二種類に分かれており、調剤薬局併設の店舗とそうでない店舗に分かれています。調剤薬局併設の店舗の方がトータルヘルスケア志向のイメージが出せるため売り上げも伸びやすいとされており、増加傾向にあります。ドラッグストアは今後も数は増えていきますが頭打ちになってくる可能性もあります。しかし調剤薬局が既存のストア内に作られる可能性も今後はあり、薬剤師の仕事の機会はまだ増えると見られています。

ドラッグストアで勤務する薬剤師の今後のキャリアとしては、まずは1店舗を担当として任される事でスキルや経験を積み、ドラッグストアの業務を一人でこなせるようになる必要があります。その後は複数店舗を管理するスーパーバイザーとして仕事ができるようになると、マネージャー職として必要とされる存在になる事ができます。そこから更に広いエリアを統括するマネージャーなどになると、立場は更に上がっていきます。

また、その中で新店舗の立ち上げなどに参加する事もありますが、こうした経験も他の職種でも生かす事ができます。このような医薬品や生活用品を扱う店舗は今後も新設される事が予想されるため、新しいプロジェクトの管理の仕事に携わる事もできます。こうした経験は誰もがしている訳ではなく、ノウハウを持っている方は収入アップにも繋がりやすくなるのです。

また、今後はドラッグストアでのネット販売などもスタートしていく可能性も十分あります。店舗での薬剤師としての仕事以外にも、こうしたネット販売に切り替わる際にはこれまでの薬剤師の役割が大きく変わる可能性があります。薬剤師の存在意義がなくなるというよりも、新しい時代の変化に対応できるかがポイントになります。例としては医薬品の販売の際に薬剤師が問合せを受け付けられるように、コールセンターのような所で働くなどがあります。こうした事は将来的な話になりますが、時代の流れを見ておくようにすると良いでしょう。

このようにドラッグストアの仕事は現状すぐに大きな変化はありませんが、今後仕事の形態が変化していく事は十分に考えられます。ドラッグストアで経験できる事は幅広いため、今後の変化にも対応できる可能性は高いと言えます。今後についても情報収集を行いながら検討する事をお勧めします。転職サイトに登録すると担当のアドバイザーの方が付いてくれますが、ドラッグストアからその後のキャリアに進んだ方の話なども参考に聞いてみるのもお勧めです。

ドラッグストア求人サイト人気ランキング

ランキング1位 リクナビ薬剤師
対応エリア 全国
申し込み・詳細 リクナビ薬剤師の詳細
リクナビ薬剤師登録はこちら
ランキング2位 マイナビ薬剤師
対応エリア 全国
申し込み・詳細 マイナビ看護師の詳細
マイナビ薬剤師登録はこちら
薬キャリ
対応エリア 全国
申し込み・詳細
薬キャリ登録はこちら

▲ページトップに戻る