ドラッグストア求人ランキング
TOPページへ > 調剤併設

調剤併設しているドラッグストアの薬剤師求人を探す!

ドラッグストアの中にも種類があり、調剤併設のドラッグストアとそうでないストアがあります。調剤を併設していると調剤業務を行うために薬剤師が募集されます。一般的な調剤薬局と調剤併設のドラッグストアの違いは、調剤薬局では調剤業務だけに薬剤師が専念できるのに対して、ドラッグストアでは店舗の運営やサービス業的な側面もあるという事です。どちらが良いかという事ではなく、あなたの理想の仕事のイメージによって、選ぶ方は変わってきます。

調剤併設のドラッグストアでは調剤業務を行う事の他にもまずはお客様への商品の案内があります。ドラッグストアでは医薬品だけでなく様々な日用品が販売されているため、その説明の対応をする事があります。専門的な知識を販売されている商品全てについて持っておく必要はありませんが、ある程度の案内ができるような知識は身に付けておく必要があります。お客様からするとあなたは薬剤師ではありますが、お店のスタッフの方という認識のため、こうした業務が発生します。

また、店舗の運営的な業務も行う必要があります。ドラッグストアは薬剤師のスタッフを1店舗に複数人置くという事は一般的に少なく、一人でその店舗の医薬品についての業務を全般的に担当する事になります。調剤業務を行いつつ、医薬品の管理や不足している商品の発注、店頭の商品展開の検討などの幅広い業務がありますが、こうした事を全て行う必要があるのです。

業務の幅は広がる分忙しくなりやすいですが、その分薬剤師としてのあなたのスキルは大きく伸ばす事ができます。調剤薬局では仕事が安定しているのがメリットですが、その分物足りなさを感じる方もいます。チャレンジしていきたいという方にはドラッグストアの業務はとても学ぶ事が多く、やりがいも大きな仕事と言えます。店舗の立ち上げスタッフなども一からドラッグストアができる部分を担当できるため、非常に良い仕事です。

こうした調剤併設のドラッグストアの求人は転職サイトによって全国で募集されています。ドラッグストアはまだ新規の店舗の出店もあり、調剤併設のドラッグストアもトータルヘルスケア志向の高まりから増えていく事が予想されます。求人の条件を見ながらあなたの希望に沿っているかをチェックし、応募していく事をお勧めします。転職サイトに登録すると担当のアドバイザーの方が付いてくれますが、不安な点や気になる点があれば相談にも乗ってくれるため、活用していきましょう。

ドラッグストア求人サイト人気ランキング

ランキング1位 リクナビ薬剤師
対応エリア 全国
申し込み・詳細 リクナビ薬剤師の詳細
リクナビ薬剤師登録はこちら
ランキング2位 マイナビ薬剤師
対応エリア 全国
申し込み・詳細 マイナビ看護師の詳細
マイナビ薬剤師登録はこちら
薬キャリ
対応エリア 全国
申し込み・詳細
薬キャリ登録はこちら

▲ページトップに戻る