ドラッグストア求人ランキング
TOPページへ > 転職のポイント

ドラッグストア薬剤師の転職のポイント

ドラッグストア薬剤師になるメリットは給料にあります。ドラッグストア薬剤師の給料は評判が良いことで知られています。平均収入は600万から700万円ほど見込めます。店長クラスでは800万円越えも少なくありません。調剤薬局や民間病院に比べても給料は高めです。ドラッグストア薬剤師は、薬剤師手当がつくため多業態と比較して割高の収入を得ることができます。

ただ、仕事内容は多岐に渡ります。店内にある商品の品出し及び、レジ打ちの作業をしなければなりません。パートやアルバイトと同じルーティンワークをこなす必要があります。薬剤師の専門である薬の販売では、客が求めているOTC医薬品を選別して手渡すことが求められます。また、対面販売をするのでコミュニケーション能力が必要になります。

洗剤 などの日用品から食品、化粧品まで取り扱っているため、出入りする業者との付き合いがあります。病院に勤める薬剤師では経験できないことを味うことができます。ドラッグストア薬剤師はクスリの専門家とともに小売店の店員を兼務しなけらばなりません。とても忙しいと有名なドラッグストア薬剤師ですが、給与は良いため転職希望の薬剤師が堪えません。

ドラッグストア薬剤師への転職をする薬剤師にはいくつかのタイプがあります。収入アップを求めるタイプ。この薬剤師は、調剤薬局や病院からの転職組が目立ちます。もう一つは同じ業態の転職組。結婚・出産を機に、他のドラッグストアへのパート勤務を希望する薬剤師です。パートの薬剤師といっても時給が高く、2000円〜4000円が相場と見てよいでしょう。

常勤・非常勤に関わらず待遇に申し分のないドラッグストア薬剤師。ドラッグストア薬剤師の転職のポイントに何か秘策はあるのでしょうか?あるんです、転職支援のプロにすべてを任せることです。薬剤師転職エージェントには経験・実績が豊富なコンサルタントが常駐しています。なかには実際、現場で働いていた人もいます。薬剤師業界のことを知りつくしたコンサルタントが、マンツーマンで転職成功へ導いてくれます。

超売り手市場とされる薬剤師。絶対に有利なこの時期を逃すと損をします。給与・福利厚生・職場環境など現実可能なワガママが今なら実現します。若手からベテラン、ブランクのあるママさん薬剤師、どのような境遇にある薬剤師にも利用していただけます。薬剤師転職エージェントであなたが求めていた職場を探してみませんか。

ドラッグストア求人サイト人気ランキング

ランキング1位 リクナビ薬剤師
対応エリア 全国
申し込み・詳細 リクナビ薬剤師の詳細
リクナビ薬剤師登録はこちら
ランキング2位 マイナビ薬剤師
対応エリア 全国
申し込み・詳細 マイナビ看護師の詳細
マイナビ薬剤師登録はこちら
薬キャリ
対応エリア 全国
申し込み・詳細
薬キャリ登録はこちら

▲ページトップに戻る