ドラッグストア求人ランキング
TOPページへ > 募集先の探し方

ドラッグストア薬剤師の募集先の探し方

ドラッグストアは、2010年度の段階で総店舗数1万6000店を超えました。売上高は5兆600億円と増加傾向にあります。店内には、子どもからお年寄りまで幅広い世代が来店しています。

ただ、ドラッグストアを取り巻く環境は変化が激しい状況です。2009年には薬事法が改正され、大衆薬の販売がスーパー、コンビニでも行えるようになりました。他方ドラッグストアでは食品や日用品を取扱い、さながらスーパーマーケット化しています。ドラッグストアと他業種の小売店との境界が曖昧になり、競争は激化していく様相です。

ドラッグストアの主力商品は市販薬ですが売上に占める割合は低いでのが現状す。生活用品などが販売比率が高くなっています。しかし、ドラッグストアにおいて薬の販売がなくなることはありません。

ドラッグストアのメイン商品は薬であり続けます。薬の販売がある限り薬剤師は必要になります。改正薬事法により登録販売者が登場しました。登録販売者がいると第2類と第3類の医薬品を販売することができます。登録販売者の登場によりあらゆる小売店で一部の医薬品が販売できるようになりましたが、薬剤師の知識・経験には及ばないのが現実です。

薬剤師という職業がなくなることはありません。薬剤師はクスリの専門家として、ドラッグストア等で活躍が期待されています。ドラッグストアの良いところは一般消費者とふれ合えるところです。ドラッグストアに勤める薬剤師にとっても例外ではありません。ドラッグストアは給料が高く薬剤師に人気の職場です。

各ドラッグストアチェーンでは収入格差が存在します。より高い給料を得たい薬剤師は、転職も視野に考えてみてはいかがでしょうか?転職したいドラッグストアが見つかっても、採用されるとは限りません。ドラッグストア薬剤師で採用されるコツを心得ることが大事になります。薬剤師転職エージェントにはプロの転職アドバイザーが在籍しています。採用されるノウハウを熟知している人達です。履歴書の書き方から面接の仕方までをこと細かく指導してくれます。求職者の良いところ、悪いところを見極めてアドバイスをします。薬剤師転職エージェントは各企業が参入していますので、複数登録するのも一つの方法かもしれません。

どの転職サービスも無料で利用できます。多くの薬剤師が転職エージェントで転職をはたしています。親切丁寧に求職者の立場にたったサポートが利用者に支持されているのです。是非とも一度ご活用ください。

ドラッグストア求人サイト人気ランキング

ランキング1位 リクナビ薬剤師
対応エリア 全国
申し込み・詳細 リクナビ薬剤師の詳細
リクナビ薬剤師登録はこちら
ランキング2位 マイナビ薬剤師
対応エリア 全国
申し込み・詳細 マイナビ看護師の詳細
マイナビ薬剤師登録はこちら
薬キャリ
対応エリア 全国
申し込み・詳細
薬キャリ登録はこちら

▲ページトップに戻る